汚れを簡単に落とせるもの

幼稚園の制服は汚れを簡単に落とせるものに

家族や周りの人としか接したことのなかった小さな子供が大勢のお友達や先生とともに過ごすようになる幼稚園は、子供にとって初めて出てゆく小さな社会です。少し大きめの制服に身を包んで誇らしげな表情で入園式を迎え、無事に幼稚園生になっても、しばらくはお母さんから離れるのが不安で泣いてばかりいる子が多いそうです。それでもしばらくするとたくさんの友達と過ごす幼稚園の生活にも慣れ、毎日通園するのが楽しくなってきます。

幼稚園に通うようになると、お母さんと一緒に家で過ごしていた時とは比べ物にならない程運動量が増え、活動範囲が広くなってゆきます。多くの経験から心も体も健やかに育っていく場所、それが幼稚園です。そして毎日着るようになる制服も、はじめのうちこそおとなしくきれいに着ていても、そのうちに日々の活動で様々な汚れやダメージを受けるようになります。傷や汚れというのはこの年代のいわば勲章のようなもので、親としてもいちいち怒っているわけにもいきません。でも、そんな時に服が汚れたらクリーニングに出さなければならないような上質の素材でできたものだったら、汚してくるたびにひやひやしなくてはなりません。

やんちゃ盛りで汚し盛りの年代の子供たちに、服を汚さないように遊べという方が無理なことで、お母さんとしても子供が服を汚してくることにいちいち目くじらを立てていては身が持ちません。そう考えると、幼稚園の制服というのは、つい可愛らしいデザインにばかり目を向けてしまいがちですが、汚れにも強く、家庭で簡単に洗うことのできる素材でできていることはとても重要なポイントになります。幼稚園の制服を比較するときにどうしても可愛らしいデザインの服に魅力を感じてしまいます。初めての制服に身を包んだ少し緊張した面持で佇んでいる姿は、わが子ながら本当に可愛らしく胸がいっぱいになってしまうものです。でも、本当の制服の価値は、子供が幼稚園で過ごす日々を活動的に心地よくしてくれることです。

子供はいわば汚すのが仕事です。でも、子供が服に汚れをつけてくるたびに目くじらを立てていては親の方もストレスが溜まってしまいます。幼稚園の制服がわが子を最も可愛らしく見せてくれるデザインで、さらにどんなに汚してもざぶざぶと家で洗濯することができ、タフで耐久性の高い素材でできたものなら親も安心できるし、子供たちもさらにのびのびと楽しく幼稚園での日々を送ることができる事でしょう。