制服のリサイクル

上手に活用したい幼稚園の制服のリサイクル

わが子が幼稚園に通うようになると、制服を始め、通園バック、帽子、スモックなど園指定のさまざまなものを買い揃えるようになり、けっこう費用面での負担が大きいものです。しかも子供たちは育ち盛りで、せっかく入園したときに買ったものも、あっという間に小さくなって買い換えなければならなくなってしまった・・・そんな悩みは多くのママたちが抱えているものです。せめて毎日着る制服の費用負担をできるだけ小さくしたいと考えるなら、リサイクルを活用してみると言うのも一つの方法です。

リサイクルにも今はインターネットを活用したものなどもあり、誰かが要らなくなったものを必要な誰かが手に入れやすくなっている時代です。けれども、こと制服となればリサイクルをする地域的な範囲もけっこう狭くなり、上手に活用することで希望のものが手に入りやすくなる可能性が高まります。一番確実でよい方法がお友達になったママから要らなくなったものを譲り受けると言う方法です。でも、今はあまりにも周りに気を使う人が多く、お礼などに気を使うのが面倒なので直接もらうのはちょっと避けたい・・・と言う人も少なくないようです。そんなときには地域のリサイクルショップなどをのぞいてみると、そうした制服などが出ていることもあります。でももっと確実なのは幼稚園が主催するバザーなどです。園によってその内容や運営方法などは異なりますが、卒園生の保護者などから寄付された制服を在園児の保護者で必要な人に譲るというシステムです。

その幼稚園の制服が数多く出品されるため、欲しいものが見つかりやすい上、値段も無料だったり有料だとしてもごく安い金額で手に入ることが多いので、そうしたシステムがないかを事前に確認してみるのがおすすめです。バザーは幼稚園が主催して行うものもあれば、保護者の有志が奉仕活動の一環として行うと言うところもあります。いずれにしても2着目3着目の制服ともなれば新品を購入するのはたいへんなので、このようなリサイクルシステムを利用する人が多いようです。
こうした仕組みは幼稚園が率先して行うところや、幼稚園は全くタッチせず保護者が自発的に行うなどさまざまです。いずれにしても周囲の人や先輩ママなどからしっかりと情報を得て、せっかくのチャンスを上手に活かしたいものです。やんちゃ盛り育ち盛りの幼稚園児に思う存分惜しげもなく着せることができるかどうかは、賢いママの知恵と行動力にかかっています。